代表挨拶

代表取締役 相羽伸一

当社は2018年2月にナビエース株式会社のグループ入りをいたしました。


それに伴い基幹システムの更新、大型ダイカッタやパレット設備の導入等社内を整備し、

ISO9001を取得いたしました。

そして2023年8月、埼玉県草加市から群馬県邑楽郡板倉町へ本社工場を移転しました。

これを機に同年9月、社名を「福野段ボール工業株式会社」から「ナビエース関東株式会社」

へ変更し、 社名に「ナビエース」を冠することで、

ナビエース株式会社の得意とする「カーボンニュートラル」や「トータル物流コストダウン」

を提案する、高付加価値型の企業に舵を切ります。


新工場はAAFを貼合できるコルゲートマシンや最新鋭のダイカッタを備え、無人搬送機

やAGF(無人フォークリフト)の導入や太陽光発電システムの採用により

高品質な製品の安定供給を実現いたしました。

お客様に寄り添い、一緒になって理想を追求することにより「カーボンニュートラル」

「トータル物流コストダウン」を実現し、win-winの関係を築けるものと確信しております。

夢は無限であり、未来も無限であります。追いかける夢があれば、これほど楽しい人生は

ありません。


ナビエース関東株式会社は、これからも未来に向かって夢を追い続けます。

代表取締役 相羽伸一

会社概要

名称

ナビエース関東株式会社

住所

〒374-0113

群馬県邑楽郡板倉町泉野2丁目41番23

資本金

7650万円

事業内容

各種段ボールシート及びケースの製造販売、

強化段ボール(ナビエース)の製造販売、段ボール

パレット(ナビパレット)の製造販売、

各種包装の設計と相談

役員

代表取締役 相羽 伸一

専務取締役 兼山 龍司

取締役   福野寅太郎

取締役   梶田 文夫

取締役   大辻  誠 (非常勤)

監査役   松岡 剛生(非常勤)

福利厚生

各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災・雇用保険)、退職金制度

主な取引先

三菱UFJ銀行草加支店

工場規模

敷地面積/33.188㎡、建物面積/18.228㎡

貼合ライン1ライン、印刷ライン2ライン

平版打ち抜き機1ライン、製箱設備一式

段ボールパレット「ナビパレット」製造設備

ISO 9001 取得済み

登録証番号:JQA-QMA16250

沿革

昭和26年(1951)5月

 福野段ボール工業株式会社設立

昭和36年(1961)3月

 草加工場(本社)稼働

昭和49年(1968)3月

 資本金を7650万とする

平成30年(2018)2月

 新規事業(重量物包装)展開で

 ナビエース株式会社とグループ化

令和2年(2020) 8月

 ISO9001取得

令和5年(2023) 8月

 埼玉県草加市から群馬県板倉町に移転

令和5年(2023) 9月

 ナビエース関東株式会社に社名変更